本物だけ!

苫米地英人 思考停止という病

2017/04/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -

苫米地英人 思考停止という病

 

 

なぜ優秀な学生であっても、3年働くと

ダメになるのか!

 

十で神童、十五で才子、二十歳過ぎればただの人

 

という成句があります。

 

サラリーマンになるとほとんど自分の頭で考えなくなるんです。

 

言われたことしかやらない!

与えられた仕事に対して工夫しない!

手まで面倒なことは避ける!

 

これは、ただの凡人です。

 

自分の頭で考えるとこうなれますよ。

 

生産性がどんどん増してくる。

意思決定のスピードが増す。

論理的な思考が出来るし正確になる。

最善の解決方法が見えてくる。

他人の意見に左右されない。

知識が増す。

見えなかった問題点が分かる。

 

奴隷の人生から、本当にやりたい人生に進むことが出来る。

自分の考えが正しいか、間違っているかがわかる。

TVや権力者から騙されなくなる。

世の中を見る時の深みが増す。

 

なぜ?ほとんどの人が思考停止しているのでしょう?

 

それは、前例主義が原因なんです。

 

前例主義とは、何かを行うとき、過去のやり方や結果を引き継ぐという考え方です。

 

それともう一つ、

学校や職場の奴隷のような教育のしかたが思考停止という病にしてしまうんです。

 

「前へならえ」はダメな大人を作り出します!

この本は、ほとんどの人が気付いていない思考停止という病の治療法です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 本物のすすめ , 2017 All Rights Reserved.